b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

「やさしいよ」と街中でよく聞くよく使うボディソープは化学製品を含まず、次にキュレルなどを中に含んでいるような、酷い敏感肌と感じる人のための刺激が少ないどんな肌でも平気なボディソープです。
皮膚のシミやしわは今よりあとに目立つようになるのです。しわをみたくないなら、今こそしっかりと完治させましょう。早ければ早いほど、中高年以降でも10代のような肌で生活していくことが叶うのです。
水を肌に与える力がある良い化粧水で不足している水分を補給すると、健康に大事な新陳代謝が良く変化します。これ以上ニキビが大きくならないで済むと言えます。乳液を塗布したりすることは良くありません。
肌にある油が流れ続けていると、余分な肌から出る油(皮脂)が毛穴に邪魔をすることで、酸素と結合し小鼻が荒れることで、肌の油分が詰まってくるという許しがたい事態が起こります。
遺伝もとんでもなく働きますので、父か母に毛穴の大きさの状態・黒ずみ状態が悩みの種である人は、父母に負けず劣らず毛穴が広範囲に及ぶと基本的にみられることもあり得ます
すぐに始められて美肌に効いてしまう顔のしわ防止対策は、是が非でも外で紫外線を受けないでいること。やむを得ず外出する際も、どんな季節でも日傘を差すことを忘れないでくださいね。
夜に行う肌のケアでの完了直前では、保湿効果を持っていると考えられる最適な美容液で皮膚にある水分を保護します。でも肌に満足できないときは、乾燥している部分に乳液ないしクリームをコットンでつけましょう。
長い付き合いのシミは、メラニン物質が皮膚表面からずっと離れた箇所にあることが多々あるので、美白のためのコスメを長い間使用していても肌が良くなる兆候が感じられなければ、医療機関などで聞いてみましょう。
地下鉄に乗車する時とか、意識していない時間に包まれていても、目が綺麗に開いているか、場所を問わずしわができてはいないかなど、顔の中にあるシワ全体を念頭に置いてみることが必要です。
毛穴が緩むのでじわじわ大きくなっちゃうから、肌を潤そうと保湿能力が優れているものを日々塗り込むことは、実のところ皮膚内部の肌を構成する水分不足を忘れがちになります。
実際に何らかの顔のスキンケアのやり方または、いつも利用していた商品が間違っていたので、永遠に顔にあるニキビが消えず、顔に出来た大きなニキビ跡として跡がついていると言われています。
猫背がちなタイプは往々にしてく頭が前傾になり、首に深いしわが発生します。首を上げて歩くことを気に留めておくことは、普通のご婦人としての所作を考えても直すべきですね。
毎朝の洗顔でも敏感肌傾向の方は留意することがあります。皮膚の油分をなくすべく肌を守ってくれる油分までも取り除くことになると、洗顔行為そのものが美肌を遠ざける行為に変わることになります。
血管の血液の流れを滑らかにすることで、皮膚のパサパサ感を防御できてしまうのです。これと同様に体の生まれ変わり(ターンオーバー)を促し、今までよりも血がサラサラにする栄養物質も、今以上に乾燥肌を進行させないためには必要不可欠です。
用いる薬次第では、使ううちに綺麗に治らない困ったニキビに進化してしまうこともございます。また、洗顔手順のはき違えも、治りにくいニキビができる原因なんですよ。